闇者・詐欺師に注意してください

Release Date:
10月 4, 2021

災害後は、詐欺師、なりすまし犯罪者、その他の犯罪者は、災害の生存者を利用しようとすることがよくあります。連邦および州の緊急事態管理当局は、不審な活動を監視して報告するよう住民に促しています。

悪意のある人々は、公式の災害援助労働者を装ったり、生存者が申請を完了するのを手伝おうとする親戚にさえなりすまして、脆弱な生存者を利用しようとするかもしれません。

一般的な災害後の不正行為には、次のものがあります。

州または連邦の援助の偽の申し出:連邦および州の労働者は、金銭を要求したり受け取ったりしません。FEMAおよび米国中小企業管理局の担当者は、災害支援、検査、または申請の完了を支援するために申請者に請求することはありません。

偽の住宅検査官:災害が発生した場合、申請者は、被害を調査するためにFEMAを代表すると主張する偽の住宅検査官に対してすきがあり狙われやすい可能性があります。検査官の身分証明書を確認するようにして下さい。 すべてのFEMA職員と請負業者は、公式のラミネート写真付き身分証明書を持っているはずです。住宅検査官は、すべての申請者の9桁のFEMA登録番号を持っているはずです。現場検査官は、さまざまな種類の連絡方法を使用して申請者に連絡することができます。検査官は政府発行の電話または個人の携帯電話から電話をかけることができるので、申請者は異なる市外局番から電話を受けることができます。検査官は、申請者がFEMA申請書で提供する連絡先情報を使用して、テキストメッセージや電子メールで連絡を取ることもできます。検査官は検査を実行するためにお金を要求することはありません。

FEMAの担当者が個人データを確認するためにあなたに連絡しなければならない場合があります。このような場合は、FEMA識別番号を要求する必要があります。発信者の身元がわからない場合、またはFEMAから送られた住宅検査官であると言う人物が疑われる場合は、FEMAヘルプライン(800-621-3362711 / VRS))に電話してください。回線は午前8時から午後7時まで年中無休で営業しています。オペレーターはあなたの言語を話すスペシャリストに繋げてくれます。ビデオリレーサービス、キャプション付き電話サービスなどのリレーサービスを使用する場合は、FEMAにそのサービスの番号を伝えてください。

偽の公務員:あなたは、サービスのためにお金を要求する災害労働者を装った詐欺師から連絡を受けるかもしれません。連邦、州、地方の災害労働者は、金銭を要求したり受け取ったりしません。連邦災害の従業員は災害助成金を提供することを約束しません。

不正な慈善勧誘:ザ・ベタービジネスビューロー(Better Business Bureau)のWise Giving Allianceによって承認された評判の良い慈善団体のリストは、Give.orgで入手できます。犯罪者は、電子メールまたはソーシャルメディアを介して不正な通信を送信し、寄付を求めるように設計された偽のWebサイトを作成することにより、生存者を悪用します。

アライアンスは次のようにアドバイスしています。「迷惑メールには返信しないでください。同様の名前を使用して本物のように聞こえる強引なテレマーケティング業者や偽の慈善団体に注意してください。慈善寄付詐欺の回避の詳細については、連邦取引委員会のWebサイトScamAlertsにアクセスしてください。

賃貸物件の詐欺:連邦取引委員会は、賃貸物件の詐欺がどのように機能するかについての情報を持っています。たとえば、詐欺師は、適切なアパートやバケーションレンタルを見つけるのは大変な作業になる可能性があることを知っており、表面上良い取引を諦めることは難しいことなのを知っています。詳細については、Rental Listing Scamsをご覧ください。

無免許/無保険の請負業者に注意してください:多くの場合、災害後、個人は合法的な請負業者として自分自身を代表します。参照を求め、前払いに注意し、それらが認可されていることを確認し、適切な許可を取得してください。住宅改良請負業者を雇う前に、請負業者が自分の郡で認可されているか登録されていることを確認してください:

詐欺、浪費、または虐待についての知識がある場合は、これに関する情報を24時間年中無休でFEMA災害詐欺ホットライン866-720-5721に報告するか、Disaster@leo.govに電子メールで送信できます。

あなたや友人が詐欺や個人情報の盗難の被害者になっていると思われる場合は、すぐに地元の警察や保安官に報告するか、ニューヨーク州の検事総長に連絡してください。

コミュニティ固有のニーズをサポートする機関への紹介については、211に電話するか、https://www.211nys.org/contact-usにアクセスしてください。ニューヨーク市の住民の場合は、311に電話してください。

ニューヨークのハリケーンアイダ災害復旧の取り組みに関する最新情報については、fema.gov/disaster/4615にアクセスしてください。 Twitterのtwitter.com/femaregion2およびfacebook.com/femaでフォローしてください。

Tags:
最終更新 10月 7, 2021