alert - warning

This page has not been translated into 日本語. Visit the 日本語 page for resources in that language.

Fact Sheets

避難者や災害生存者が家を追われながらも、安全・衛生・安心な滞在場所を提供するには、複数の機関や団体の協力・調整が必要です。

illustration of page of paper Release Date:

連邦緊急事態管理庁の支援は基本的なニーズに限られています。すべての失われた災害関連の財産が元に戻ることはありません。保険の補償が、自然災害後に財産を元に戻す最良の手段です。ただし、資格要件を満たし、品物が以下のいずれかのカテゴリに該当する場合、連邦緊急事態管理庁とケンタッキー州の支援により災害で被害を受けた財産の修理または交換が行われることがあります。

illustration of page of paper Release Date:

FEMAは、3月14日の竜巻により損傷または破壊された保険未加入車の修理または交換を支援するための援助を提供する可能性があります。輸送援助は、安全性や走行性が損なわれた車両に対して提供されます。外見上の損傷のみの車は考慮されません。この援助は、世帯の日常生活に複数の車両が不可欠であることを示す正当な理由書が提出されない限り、1世帯につき1台の主要車両を対象としています。

illustration of page of paper Release Date:

FEMAの個別支援は、基本的かつ重要なニーズに対する給付金を提供することによって、被災者の方々が立ち直るためのスタートができるように支援するためのものです。連邦支援手続きに関するご質問への回答集は以下でご覧いただけます。

illustration of page of paper Release Date:

3月14日に発生した竜巻による被害に対し、FEMAの災害支援を申請したオハイオ州の住民は、FEMAから決定通知を受け取ります。通知には申請の状況と対応する方法が記載されています。またFEMAが提供する援助金の金額や、FEMAが申請者からさらに必要とする書類などについて記載されているため、注意深く読むことが重要です。

illustration of page of paper Release Date:

FEMAの災害支援は、保険外または保険で十分にカバーされていない必要経費や重大な必需品に対し、世帯の基本的なニーズを満たすことを目的としています。

illustration of page of paper Release Date:

オーグレーズ郡、クロフォード郡、ダーク郡、デラウェア郡、ハンコック郡、リッキング郡、ローガン郡、マーサー郡、マイアミ郡、リッチランド郡、ユニオン郡の居住者で、自宅に安全に住めない、または住めない可能性があると報告した住民については、FEMAが被害を受けた住居の検査を行う場合があります。

illustration of page of paper Release Date:

米陸軍工兵隊(USACE)は、FEMAおよびゲレーロ州知事の事務所と協力し、1次、2次、3次道路の通行権(ROW)に持ち込まれた適格な台風マーワル残骸の収集を支援しています。このプログラムは住宅物件に限定されています。

illustration of page of paper Release Date:

サフォーク郡DRCは、土曜日の午後6時をもちまして完全に終了させていただきますが、それでもハリケーン「アイダ」の影響を受けた住民は、災害支援のFEMA申請でヘルプを受けることができます。ヘルプは、ご自身の電話、コンピューター、又はモバイル機器からで遠く離れている場合のみです。

illustration of page of paper Release Date:

FEMAモービル災害復旧センターは、10月29日から11月1日までFEMA災害支援に申請するハリケーン「アイダ」の被災者を助け、質問に答えるために、ブロンクス区を訪問します。

illustration of page of paper Release Date: