被災者の避難所・住宅支援の可能性

住居に被害を受けた被災者は、FEMAシェルターおよび住宅支援の対象となる場合があります。

賃貸支援

一時的な避難支援

住宅の修理・交換

直接仮設住宅

賃貸支援

自宅が修復されるまでの間、または恒久的な住居を確保するまでの間、一時的に住む場所を必要とする適格な被災者には、資金援助が受けられる場合があります。

対象者は?

震災を経験した人:

  • 災害により自宅が居住不能になった方
  • 転勤に同意する人
  • 保険でカバーされない住宅ニーズがある方

応募方法について

Graphic
An apartment building.

一時的な避難支援

災害が承認された場合、FEMAは対象となる被災者に参加ホテルを使って一時的な避難所を提供することができます。

対象者は?

震災を経験した人:

  • 避難している人、緊急避難場所に避難している人
  • 災害により自宅が居住不能またはアクセス不能となった人

応募方法について

Graphic
A hotel.

住宅の修理・交換

安全で衛生的かつ機能的な住宅を建てるために、住宅所有者が基本的な修繕を行う場合に、資金援助が受けられる場合があります。

対象者は?

家庭を持つ人:

  • FEMA点検の結果、住居が居住不可能と判断された人
  • 保険でカバーされない住居の必要性がある人

応募方法について

Graphic
A house with a cloud over it with water in front of it.

直接仮設住宅

このタイプの援助は、FEMAが発行した一時的な移動可能な住宅ユニットを適格な被災者に一時的に使用させるものです。

対象者は?

震災を経験した人:

  • 災害による大きな被害により、主たる住居が倒壊または居住不能となった人。
  • 賃貸物件に空きがなく、合理的な通勤圏内に他の実用的な仮住まいの選択肢がない人。

応募方法について

Graphic
A trailer.
最終更新