家の所有または居住を確認する

入居証明書

所有者証明書

拡張された柔軟性

FEMAは、ほとんどの種類のIHPアシスタンスを提供する前に、申請書に記載された住所に主たる住居として住んでいたことを確認することが義務付けられています。また、FEMAは、住宅修理または交換の援助を提供する前に、あなたが家を所有していることを確認することが義務付けられています。

災害支援手続きの迅速化と申請者の負担軽減の一環として、自動公文書検索を利用して居住者・所有者の確認を試みています。

申請書に記載された住宅に住んでいる、または所有していることが確認できない場合は、入居および/または所有権を証明する書類を提出していただき、補助を受ける資格があるかどうかを判断させていただきます。

FEATURED
Graphic
A red house with a white roof and a road

災害を経験した後の資料提供は大変なことだと思います。 私たちは最近、十分なサービスを受けていない人々が経験するアクセスの障壁を軽減するための新しいポリシーを導入しました。

FEMAは現在、所有権や居住権を確認するために、より多くの種類の書類を受け入れており、また、過去に受け入れた書類よりも幅広い日付のものを受け入れています。

個人支援のポリシー変更に関する詳細はこちらです

入居証明書

FEMAでは、被災前に自宅に住んでいたことを証明する書類として、以下のものを認めています。 以下の書類のうち、いずれか1点のみご用意ください。

  • リースまたはハウジングの契約
  • 家賃の領収書。
  • 光熱費(電気、上下水道など)の請求書。
  • 給与明細。
  • 銀行またはクレジットカードの明細書。
  • 運転免許証、州発行の身分証明書、または有権者登録証。
  • 公職者の発言。
  • 医療機関の請求書。
  • 社会サービス団体の資料(例:Meals on Wheels)。
  • 自動車登録。
  • 在留資格認定証明書またはその他の裁判所の書類。
  • 雇用主、公務員、社会福祉団体、地元の学校または学区、モバイルホームパークの所有者または管理者からあなたの住所に届けられた手紙または郵便物。

災害前1年以内、または支援期間1年半以内の日付のものがほとんどです。  ただし、運転免許証、州発行の身分証明書、有権者登録証は、災害が起こる前の日付であり、FEMAにコピーを送る時点で有効期限が切れていないことが必要です。

所有者証明書

FEMAでは、被災前に自宅を所有していたことを証明する書類として、以下のものを認めています。 以下の書類のうち、いずれか1点のみご用意ください。

  • 証書または権原。
  • 住宅ローンの書類作成。
  • 家財保険の書類。
  • 固定資産税の領収書または請求書
  • 製造された家の証明書またはタイトル。
  • 住宅購入契約。
  • 相続人を指定した遺言書(死亡診断書付)。
  • 災害前5年以内に行われた大規模修繕の領収書。
  • 災害後に作成された、モバイルホームパークの所有者または管理者、あるいはFEMAの要件を満たす公的機関からの書簡。

災害前1年以内、または支援期間1年半以内の日付のものがほとんどです。

alert - info

入居や所有権を証明する書類をFEMAに送るには、 DisasterAssistance.govにオンラインでアップロードするのが最も早くて簡単な方法です。 

拡張された柔軟性

より多くの種類の書類を受け付けるようになったことで、災害支援の手続きがより簡単になることを期待していますが、FEMAは、状況によっては、被災者が特定の書類を集めることにさらなる困難を感じることも理解しています。その結果、FEMAは、標準的な種類の書類を提出できない申請者が、特定の状況下で最後の手段として自己宣言文を提出できるよう、さらなる柔軟性を提供するために、最近の方針変更を行いました。

入居証明書

災害前の住居がモバイルホームやトラベルトレーラーで、居住を証明する書類がない場合、このようなタイプの住宅については、従来型の書類を入手することが困難なため、FEMAは最後の手段として、自己宣言書を受け入れることがあります。

FEMAは、島嶼部、島、部族の土地に住む申請者からの書面による自己宣言文も受け入れることができますが、その宣言文はFEMAに書面で提供されなければならず、検査官が単独で閲覧することはできません。

入居証明のための自己宣言文は、以下の項目をすべて含む必要があります。

  1. 被災した住居の住所。
  2. 大統領災害宣言以前に、被災した住宅に主な住居として住んでいた期間。
  3. 本人または共同申請者の氏名と署名。
  4. 以下の文の主要素と補足説明:

「私は、FEMAと連携して、許容される入居書類の写しを入手し提供するために誠実に努力しました。この書類を入手できなかった理由は、[他の種類の書類を申請者が入手できなかった理由、または入手可能な書類が FEMA の要件を満たさない理由を含め、標準的な入居状況の検証を妨げる状況の説明を記入してください] です。「私は、偽証罪に問われることを覚悟の上で、上記が真実かつ正確であることをここに宣言します。」

所有者証明書

家を所有している場合、島嶼部、島、部族の土地に住んでいる場合、あるいはトラベルトレーラーやモバイルホームに住んでいる場合で、所有権の証明として認められるものがない場合、FEMAは最後の手段として、書面による自己宣言文を所有権の証明として認めます。

所有権証明のための自己宣言文は、以下の項目をすべて含む必要があります。

  1. 被災した住居の住所。
  2. 大統領災害宣言以前に、被災した住宅に主な住居として住んでいた期間。
  3. 本人または共同申請者の氏名と署名。
  4. 以下の文の主要素と補足説明:

「私は、FEMAと連携して、許容される所有権書類の写しを入手し提供するために誠実に努力しました。私は、(A)家の法的所有者であるため、FEMAの持ち家の定義に合致しています。(B)家賃は払わないが、税金や住宅の維持費の支払いに責任を持つ、または(C)終身居住権を持ちます。この書類を入手できなかった理由は、[該当する所有者区分の標準的な所有権の確認を妨げている状況の説明を記入]です。「私は、偽証罪に問われることを覚悟の上で、上記が真実かつ正確であることをここに宣言します。」

相続で受け継がれた住宅を所有し、住んでいるが、所有権を証明する書式がない場合、FEMAは最後の手段として、自己宣言書を所有権の証明として認めてくれます。

相続により承継された所有権を証明するための自己宣言文には、以下の項目がすべて含まれている必要があります。

  1. 被災した住居の住所。
  2.  大統領災害宣言以前に、被災した住宅に主な住居として住んでいた期間。
  3. 本人または共同申請者の氏名と署名。
  4. 被相続人の死亡証明書の写し。
  5. 以下の文の主要素と補足説明:

「私は、FEMAと連携して、許容される所有権書類の写しを入手し提供するために誠実に努力しました。この書類を入手できなかった理由は、[標準的な所有権の確認を妨げている状況の説明を記入]です。

そして、以下の文の主要な要素:

「故人の近親者である私の所有権には、故人のすべての権利と義務が含まれています。被相続人の名前は____で、____日に亡くなりました。私は、この申告書と一緒に死亡診断書を提出しなければならないことを理解しています。「私は、偽証罪に問われることを覚悟の上で、上記が真実かつ正確であることをここに宣言します。」

alert - warning

申し訳ありませんが、フィルター選択に基づいた結果はありませんでした。
フィルターをリセットするか、選択を変更して、もう一度お試しください。

最終更新