alert - warning

This page has not been translated into 日本語. Visit the 日本語 page for resources in that language.

Region 9

States/Territories

Leadership

Resources

Contact Us

News

FEMA Region 9 office, located in Oakland, CA, partners with federal emergency management for 150 Tribal Nations and the following states/territories.

States and Territories

Visit the state/territory's page for localized content, such as disaster recovery centers, flood maps, fact sheets, jobs and other resources.

Leadership

Robert Fenton

Region 9 Administrator

Leadership - Tammy Littrell

Region 9 Deputy Administrator

Region 9 Resources

Environmental Requirements to Apply for FEMA Funding

When a community applies for FEMA funding — such as Public Assistance, Hazard Mitigation Assistance or Preparedness Grants — potential impacts to the environment and cultural resources must be considered.

alert - info

NOTE: Environmental requirements do not apply to individuals and families applying for assistance.

Find Your Flood Map

Risk Mapping, Assessment and Planning (Risk MAP) is a national FEMA program that works with states, tribes, territories and local communities to evaluate and better understand their current flood risk, as well as the actions that can be taken to mitigate and become more resilient against future risk.

Contact Us

General
510-627-7100

Congressional Affairs
Casey De Shong
510-627-7785
Casey.Deshong@fema.dhs.gov

National Earthquake Hazards Reduction Program
Anne Rosinski
510-627-7172
Anne.Rosinski@fema.dhs.gov

Exercise Officer
Geoffrey Krueger
510-520-3546
geoffrey.krueger@fema.dhs.gov

News Desk (Public Affairs)
510-627-7006
fema-r9newsdesk@fema.dhs.gov

Technological Hazards
Johanna Johnson
Johanna.Johnson@fema.dhs.gov

Tribal Affairs Liaison
Pamela Joe
202-341-2821
pamela.joe@fema.dhs.gov

Christopher Poehlmann
(510) 627-7285
Christopher.Poehlmann@fema.dhs.gov

Crystal Harjo
202-431-5906
Crystal.Harjo@fema.dhs.gov 

Vincent Martinez
202-679-8117
Vincent.Martinez@fema.dhs.gov 

Regional News and Information

2020年3月13日、大統領は、2019年新型コロナウィルス疾病(COVID-19) のパンデミックが及ぼす現況における深刻な災害規模に鑑み、ロバートTスタッフォード災害救助緊急支援法42 U.S.C. 5121-5207 (「スタッフォード法」) 第50項1 (b) に基づき、全州、部族領土政府およびコロンビア特別区に対して緊急事態宣言を発動しました連邦政府機関による支援は、全州、部族領土政府、地方自治体および民間非営利団体(PNP) に適用されます。

illustration of page of paper プレスリリース | Published: 5月 14, 2020

ホノルル市 — キラウエア噴火における住民復旧を支援している連邦・州・郡の災害復旧センターは、9月28日金曜日に永久に閉鎖されます。

災害復旧センターは、パホアの15-3022 Kauhale StreetにあるPahoa Neighborhood Facilityにあります。営業時間は月曜日から金曜日の午前8時から午後5時までの間、終了日まで維持されます。

illustration of page of paper プレスリリース | Published: 9月 25, 2018

ホノルル市 — キラウエアの噴火と地震によって未保険または過小保険における損害または損失を被ったハワイ郡の住民は、FEMAに登録し、災害援助やU.S. Small Business Administration(SBA)から低金利災害ローンを受けることができますが、2018年9月12日までに登録する必要があります。

 

illustration of page of paper プレスリリース | Published: 9月 7, 2018

ホノルル — ハワイ郡住民がキラウエアの噴火や地震に起因する災害救援のためにFEMAに登録する締め切りは、2018年9月12日まで延長されました。

復旧当局は、未登録の住民にパホアの 15-3022 Kauhale Street にある Pahoa Neighborhood Facility に設置されている災害復旧センターを訪れるよう声をかけています。別途通知があるまでの間の復旧センターの営業時間:午前8時~午後6時(月~金)。午前8時~午後4時(土)。定休日:日曜日。

illustration of page of paper プレスリリース | Published: 8月 15, 2018

ホノルル — キラウエアの噴火と地震の影響で被害を被ったハワイ郡の住民は、2018年8月13日(月)までにFEMAの災害援助に登録する必要があります。

復旧当局は、未登録の住民にパホアの15-3022 Kauhale Streetにある Pahoa Neighborhood Facility に設置されている災害復旧センターを訪れるよう声をかけています。

復旧センターの営業時間:午前8時~午後6時(月~金)、午前8時~

午後4時(土)。定休日:日曜日。

illustration of page of paper プレスリリース | Published: 8月 1, 2018