Main Content

News Releases

01/05/2013
緊急措置計画の発動は、ハリケーン「サンディ」の影響下における病院および介護施設の継続的な運営および患者治療を可能にしました。 ニューヨーク – 米連邦緊急事態管理局は、ハリケーン「サンディ」の前、途中および後で発生した費用を補償するためのEpiscopal Health Servicesへの$695,000の公的支援助成金交付を発表しました。2012年10月27日、Episcopal...
01/02/2013
ニューヨーク – ニューヨーク州および連邦緊急事態管理局は、1月3日(木)午前8時に新しい災害復旧センターをブルックリンにオープンします。このセンターは、一対一の対面ヘルプを ハリケーン「サンディ」被害者に対して提供します。 センター所在地:Sheepshead Bay Yacht Club, 3076 Emmons Ave., Brooklyn, NY 11235。...
12/31/2012
ニューヨーク-我々のほとんどは新年の抱負を見栄えを良くする為や気分を良くする為、又は長期目標を達成する為に誓います。 今年はハリケーンサンディの教訓から次の気象災害に見舞われた際に人々の命と財産を守る為、より強く安全で賢い再建への対策を行います。 危険緩和とは厳しい天候から将来の損傷を防ぐ為、賢く強くかつ安全に建築することです。賢い建築とは洪水や強風、竜巻に対する被害軽減を含みます。 再建築、...
12/27/2012
連邦緊急管理局はハリケーンサンディの被災者が恒久的住宅を見つけるまでの間の暫定賃貸住宅サポートが必要であると理解しています。  FEMAから暫定賃貸住宅サポートを受けた被災者の方には「賃貸サポート継続申請」レターが郵送されました。 この用紙は最初の賃貸サポート助成金を受けた15日後に発送され、FEMAからどのように継続的に暫定賃貸サポートを受けられるかについて説明しています。...
12/26/2012
 ニューヨーク—ニューヨーク州のハリケーン・サンディの被災者で、現在の連邦や州の援助で災害関連のニーズが充たされていない人々が、復旧への追加リソースのため、今はケースマネジメントサービスを受けられるようになります。 ニューヨーク州とFEMAは960万ドル以上の連邦資金を災害ケースマネジメントプログラムに拠出したと発表したが、これはFEMAが全額を負担し、...
12/22/2012
ニューヨーク–米連邦緊急事態管理局は災害復旧チームの一部に過ぎません。地域、州、及び連邦の様々な資金は、ニューヨークに住む人々の住宅修理及び再構築の為利用可能です。 FEMAは個人や家庭の住宅支援への7億ドルを承認しました。支援は賃貸支援、基礎的な住宅修理、個人財産の損失と保険でカバーされない他の深刻な災害関連のニーズへの金銭を含みます。 対象資格を認められるには、...
12/04/2012
ニューヨーク– ニューヨーク州と連邦緊急事態管理庁(Federal Emergency Management Agency)はハリケーン・サンディの被害者を支援するため、新しい災害復旧センターをナッソーとアルスター郡に開きました。 場所と開館時間は以下の通り: Stehli Beach Corner of Bayville Road and Bayville Avenue Bayville,...