Main Content

News Releases

04/25/2013
ニューヨーク – ハリケーン「サンディ」が上陸した2012年10月29日から6ヶ月経った今日までに、ニューヨークの復旧は大きく進展しています。ほぼすべての瓦礫が撤去されました。 多くの被害者は自宅に戻り、損傷または破壊された個人資産を修復または置換しました。 ビジネスは再開されています。多くの公立学校、図書館、コミュニティセンター、および他の機関は再開されています。これには、...
04/24/2013
ニューヨーク - 連邦緊急事態管理庁(FEMA)は、ニューヨーク州の要請に基づき、 仮設避難支援(TSA)プログラムを28日間延長することを認めました。このことにより、ハリケーンサンディにより家に戻ることができない有資格被災者は、プログラムに参加しているホテルに滞在することができます。5月1日まで延長されていた TSA のチェックアウト日は、5月29日まで再度延長されまし た。...
04/19/2013
ニューヨーク — ニューヨークのハリケーン「サンディ」被害者に対する災害支援: 33億ドル以上が全国洪水保険制度の加入者に支払われました 9億5800万ドル以上のFEMA助成金が個人および家族に対して承認されました 8億2100万ドル以上が住宅支援のために提供されました 1億3700万ドル以上が他のニーズに対して提供されました 14億ドル以上のSBA災害融資が、住宅所有者、...
04/16/2013
FEMA、連邦提携組織およびボランティア機関は今もニューヨークで活動を続けています 4月13日の登録期限後も、FEMA ならびにその提携組織である米中小企業局(SBA) およびボランティア機関は、仕事が完了するまでニューヨークに留まって被災者援助を続けています。   FEMA との連絡を保ちましょう   復旧作業が進んでいますが、ハリケーン・サンディの被災者は以下の場合には FEMA...
04/15/2013
ニューヨーク - 現在州および連邦政府の専門家たちを雇っているナッソーカウンティー、フリーポートの災害復興センターが、4月16日火曜日、午前9時をもちまして、米連邦小企業庁の運営する、災害ローン・アウトリーチ・センターになります。   当災害ローン・アウトリーチ・センターの営業時間は、月曜日から金曜日の午前9時から午後6時、そして、土曜日の午前9時から午後3時となります。   当施設は、...
04/03/2013
31億ドルの連邦災害支援金が、ニューヨークのハリケーン・サンディー被災者に対して承認される ニューヨーク –   4月13日は、可能な連邦災害支援への登録締め切りです。また、米中小企業局の災害ローンの申請締め切り日でもあります。このローンは、ニューヨーク州がハリケーン・サンディーから復興するために役立っています。 登録および申請締切日が、今週の土曜日から数えて残り1週間に迫っており、被災者に対し...
03/27/2013
ニューヨーク – 米連邦緊急事態管理庁は庁の青少年災害対策委員への参加者推薦を求めています。青少年災害対策委員は、若いリーダー達のために特別国民委員会の一員として奉仕する機会を提供しています。もう一つの利点として、彼らが選ぶ青少年災害対策プロジェクトの修了があります。 委員は、...
03/27/2013
ニューヨーク – ニューヨーク州のリクエストにより、米連邦緊急事態管理局(FEMA)では、ハリケーン・サンディの被害者に対する災害復旧援助の申請期限を、15日間延長することを承認しました。 これによって、被害者がFEMAに登録して、米国中小企業庁(SBA)に災害復旧融資申請を提出する期限は、4月13日まで延長されます。 個人の場合は、オンラインwww.DisasterAssistance....
03/27/2013
ニューヨーク-ニューヨークの賃借者は、連邦緊急事態管理局からの他の助成金を受け取る資格を有する場合があります。資格を確認するには、米国中小企業局からの災害融資申込書に記入して提出しなければなりません。 SBA災害融資を受諾する必要はありません。しかし、申込書に記載されている情報は、賃借者が生活を立て直すことに役立つ様々なFEMAプログラムを受けるための資格確認に使用することができます。 「...