Federal Emergency Management Agency

ニューヨークのハリケーン「サンディ」からの復旧

Main Content
Release date: 
04/19/2013
Release Number: 
210

ニューヨーク — ニューヨークのハリケーン「サンディ」被害者に対する災害支援:

  • 33億ドル以上が全国洪水保険制度の加入者に支払われました
  • 9億5800万ドル以上のFEMA助成金が個人および家族に対して承認されました
    • 8億2100万ドル以上が住宅支援のために提供されました
    • 1億3700万ドル以上が他のニーズに対して提供されました
  • 14億ドル以上のSBA災害融資が、住宅所有者、賃借者およびビジネスに対して承認されました
  • 8億4700万ドルのFEMA公的支援融資がコミュニティおよび公共サービスに従事する非営利団体に対して承認されました
  • 271,377名が13の指定郡において支援登録を行いました
  • 183,696の家屋調査が完了しました
  • 180,596名が災害復旧センターを訪れました
  • 560万平方ヤードの瓦礫が撤去されました
  • 500以上のボランティア機関が復旧に関与しました
  • 26言語が被害者に対する支援情報提供に使用されました

サンディ被害者は、保険金支払いを受けた場合、連絡先または住所情報をアップデートしなければならない場合、または登録に関する質問がある場合、FEMAに連絡して通知してください。

申込者は、FEMAのヘルプライン(800-621-3362音声、7-1-1/リレー)またはTTY 800-462-7585に電話連絡して情報のアップデートを行うことができます。フリーダイヤルは東部時間午前7時から午後10時まで毎日いつでもご利用いただけます。

登録状況の確認は、オンライン(DisasterAssistance.gov)、またはスマートフォンまたはタブレット(m.fema.gov)で行うことができます。

 

統計値 - 39: ニューヨークのハリケーン「サンディ」からの復旧、2ページ

FEMAの使命は、全ての危険に対して準備し、保護し、対応し、復旧し、そして緩和する能力を、構築し、維持し、そして改善することを国が一体となって確実なものとするために、市民および第一対応者をサポートすることです。

災害復旧支援は、人種、肌の色、宗教、国籍、性別、年齢、身体傷害、英語能力または経済状態に関係なく提供されます。差別を受けた人物を知っている場合は、FEMAフリーダイヤル(800-621-3362)まで連絡して下さい。 TTY番号:800-462-7585。

SBAは、災害被害を受けた個人資産の長期的な再建に対する連邦政府の主要資金源です。 SBAは、住宅所有者、賃借者、ビジネス(規模を問わない)、および民間非営利団体による修理または再建のための資金援助を行い、失われたまたは災害被害を受けた個人資産の置換コストを負担します。これらの災害融資は保険未加入および保険金が支払われない損失を負担するものであり、他の機関または団体からの支援を重複するものではありません。 SBAプログラムに関する詳細は、お電話で800-659-2955(TTY 800-877-8339) までお問い合わせください。

Last Updated: 
04/24/2013 - 11:23
State/Tribal Government or Region: 
Related Disaster: