Main Content

コロナウィルス風評対策

English

       A face with a hand beside it with a open brain with  $ , ?, !

このFEMA ホームページは、新型コロナウィルス(COVID-19) のパンデミック対策に関して風評と事実を区別してもらうことを主旨としています。危機的な状況下においては風評があっという間に広まることがあります。

次にあげる簡単な三つのことを実行して、ウソの情報が拡散するのを防いでください。

  1. 風評を信じない。
  2. 風評を他人に伝えない。
  3. 政府による新型コロナウィルス(COVID-19) 対策に関する事実を信頼できる情報源から入手する。

在住地域における指示や情報は、常にcoronavirus.gov、または地方自治体の公式ウェブサイトやソーシャルメディアのアカウントなど信頼できる情報源から得てください。

新型コロナウィルスに関する詳細は coronavirus.govを閲覧してください。政府による対策に関する最新情報は、FEMA c新型コロナウィルス(COVID-19) 対策 でもご覧いただけます。在住地域における具体的な指示や情報は、地方自治体の公式なサイトで得てください。


自治体テストセンター (CBTS: Community Based Testing Center) でテストを行う際、写真付きの身分証明書が必要ですか?

ファーストレスポンダー(救助隊・救急隊・消防隊・警察など)や医療従事者は、自治体テストセンター (CBTS) で優先的にCOVID-19のテストを行えるため、その際には勤務先発行の写真付き身分証明書を提示してください。 

FEMAは軍隊を出動しますか?

322日、トランプ大統領は、FEMAを通じた全額連邦政府の負担により数州において国家警備隊を出動するよう国防長官に命じました。FEMAは今般の指令を実行するにあたり、タイトル32ステータスでフルタイムの国家警備隊員の給与および手当等全額負担による出動を国防総省に依頼しました。 

さらに、国防総省はニューヨークに米海軍の病院船コンフォートを、ロサンゼルスに同じくマーシーを送りました。

FEMAはまた、陸軍工兵部隊に対しCOVID-19対策のために代替の医療現場を設計・構築する任務を発令しました。

国土安全保障省は国家警備隊を出動するのですか?

322日、トランプ大統領は、FEMAを通じた全額連邦政府の負担により数州において国家警備隊を出動するよう国防長官に命じました。大統領の対応により、各州知事は連邦負担のタイトル32のもと、国家警備隊を統制できるようになりました。 各州の国家警備隊は知事の指揮下にありながら、国防総省と協力して任務に当たります。

財政的な援助を受けることができると電話、テキスト、Eメールで聞きました。それは本当ですか?

政府の人間を装って自動電話、テキストメッセージ、Eメールその他の方法で詐欺を働く人がいるとの報告があります。こうした人物はCOVID-19パンデミックの状況下、財政的な援助を受けられると嘘をついて、金銭や社会保障番号、銀行口座やクレジットカードの番号など個人情報を盗み出そうとします。これは詐欺行為です。

財政的な援助を申し出て金銭や個人情報を聞き出す人物は信用しないでください。連邦または地方自治体の災害援助関係者は金銭の授受をすることはありません。国土安全保障省、FEMA、保健社会福祉省および疾病対策センターの人員は、災害支援において金銭を求めることは絶対にありません。

連邦取引委員会の 詐欺に関するページ には、オンラインや電話 、テキスト、Eメールによる詐欺から身を守る アドバイスが掲載されています。詐欺に会ったときは、以下の連邦取引委員会のホームページで報告してください。 ftc.gov/complaint

COVID-19を予防するワクチンや治療薬はありますか?

現時点でCOVID-19の治療に対して食品医薬品局 (FDA) の認可が降りた薬はありません。COVID-19の治療の可能性がある新薬、また他の病気に対して認可済みの薬の治験が行われています。こうした治療の可能性に関する医療従事者向けの情報は疾病対策センターに問い合わせることができます。

FDA は、未認可の医薬品や、虚偽の、または誤解を招く言説から消費者を守っています。消費者や医療従事者の方は、違法行為の可能性に遭遇した場合、FDA 医療関連違法行為プログラム または 犯罪捜査事務所に報告するようにしてください。

高齢者向け医療保険制度であるメディケアに加入していますが、メディケアの情報と引き換えにCOVID-19のテストができると聞きました。本当ですか?

電話でこのような情報を伝えられた場合、それは個人情報を得るための詐欺です。テレマーケティング、ソーシャルメディアや訪問による情報伝達など、様々な方法で詐欺が試みられています。メディケア、メディケイド、社会保障番号などの情報は渡さないでください。個人情報を一方的に求められたら、疑うようにしてください。新型コロナウィルスのテストを希望する場合は、医師に相談してその手続きに関する指示を受けるようにします。

新型コロナウィルスに感染する可能性があるのは高齢者と既往症のある人だけですか?

高齢者や重度な慢性疾患のある人が感染して重篤な症状になる可能性は大きいといえます。ただ、年齢や疾患のある無しに拘わらず、誰でも罹患する可能性はあり、その症状は軽度から重篤なものまで様々です。

政府はすべての国民にお金を送るのですか?

困窮した国民を支援する目的で、下院により緊急経済対策が法案化されました。最新の情報は www.coronavirus.govでご覧いただけます。COVID-19の危機に乗じて詐欺を働く人がいるのが現状です。お金をすぐに渡せるという人がいたら要注意です。COVID-19 関連詐欺をはじめ、政府を装った詐欺に関する情報は連邦取引委員会 (FTC) のウェブサイトでご覧ください

国全体の封鎖や隔離が行われることはありますか?

いいえ。夜間外出禁止令、屋内退避、その他の制限や安全措置は、州や市のレベルで行われます。

食品や生活必需品を買いだめする必要はありますか?

家族の方が一週間必要とする分だけ購入してください。数週間・数か月分の生活必需品を買いだめすることにより不足が生じ、他の家族の方の迷惑につながります。とくに食料雑貨類、洗浄用品、ヘルスケア製品は消費者の需要が極めて高くなっています。物流は滞っていませんが、小売店に品物が入荷するまでに時間がかかります。

ハンタウィルスに感染することはありますか?

いいえ。ハンタウィルスは主に感染したネズミやラットを介して感染します人間を介してハンタウィルスに感染することも考えられますが、非常に稀です。ハンタウィルスに関する詳細については、CDCのウェブサイトをご覧ください

Last Updated: 
04/09/2020 - 22:17