Hawaii Wildfires

DR-4724-HI
Hawaii

インシデント期間: 8月 8, 2023 - 9月 30, 2023

災害宣言日: 8月 10, 2023

現在、完了済: 災害援助申請受付期間

alert - warning

この災害後の個人および家族の援助申請の最終日が過ぎました。新たな請求を開始することができなくなります。

過去に提出した請求書の状況を確認するには、DisasterAssistance.govを参照してください。

米国中小企業庁に電話するように言われたのですが

FEMAは、米国中小企業庁(SBA)の災害融資でカバーされる特定の損失に対して、災害援助を提供することは認められていません。SBAは、災害による損失を補うために、個人や家庭に低利の災害ローンを提供しています。FEMAは、SBAと協力して、個人資産援助、交通費援助、または団体洪水保険契約を受ける資格があるかどうかを判断します。

FEMAは、SBAの所得基準を満たした場合、自動的にSBAに紹介し、災害融資を検討します。FEMAは、お客様の家庭の年間総収入と扶養家族の数から、あなたがSBAに紹介されるべきかどうかを判断します。

SBAに紹介された場合、FEMAからオートダイヤラーシステムで災害融資の申請方法について連絡があります。SBAローンや特定の種類のFEMA援助の対象となるには、ローン申請書に記入し、返送する必要があります。SBAローンのオファーを受け入れる必要はありません。ただし、SBAローンが承認され、それを受け入れない場合、FEMAに身の回り品や交通手段の援助を照会されることはありません。

全銀協災害融資プログラムの詳細については、全銀協(800-659-2955、TTY:800-877-8339)にお問い合わせください。SBAに関する情報は、www.SBA.gov/disaster、または電子メール(disastercustomerservice@sba.gov)でもご確認いただけます。

SBAローンについて詳しくはこちらをご覧ください

支援を申請しました。次は何をしますか。

保険に加入している場合

ご請求の際は、お早めに保険会社へご連絡ください。FEMAがお金を提供できるのは、保険金の決済を受けた後です。保険で家の修理や再建の費用をすべてカバーできない場合、FEMAが支援することができます。

FEMAは、保険でカバーされた費用や、他のソースからの重複した給付に対してお金を提供することはできません。保険金の決済や否認を受けたら、できるだけ早くそのコピーをFEMAに送ってください。

保険金請求から30日以上保険金の決済が遅れる場合は、FEMAヘルプライン(800-621-3362)にお電話ください。

保険に加入していない場合

FEMAがお客様の災害による損失を確認します。家屋や個人の所有物に破損があると報告された場合、代理店は自宅を点検する時間を設定します。または、FEMAから経費を確認するための書類の送付を求められる。

FEMAから、次のステップを説明する通知書が郵送または電子通信で届きます。ご報告いただいた損失状況に応じて必要な場合は、検査員からお電話でご連絡し、検査の日程を調整します。電話を逃すと、留守電メッセージを残し、何度も連絡を取ろうとします。検査官は、修理の領収書や破損の写真を見る必要はないはずです。しかし、検査前に片付けを始める場合、FEMAは写真を撮り、損失のリストを作成し、災害が原因で発生したすべての費用の領収書を保管することを提案します。

Transitional Sheltering

FEMA’s Transitional Sheltering Assistance has been activated for survivors allowing for short-term, emergency sheltering options in participating hotels.

In order to receive sheltering assistance, start by applying for assistance. You must have a FEMA registration ID and approval from FEMA to participate. If FEMA has reached out to you about sheltering assistance, you can look up participating hotels.

住宅カウンセラーを探す

米国住宅都市開発省(HUD)は、住宅相談機関(HCA)と認定カウンセラーの全国ネットワークに支援を提供しています。HUDに参加するHCAは、現在住宅を所有している人やこれから住宅を借りようとする人が、それぞれの経済状況を考慮した上で、住宅ニーズに対応するための責任ある選択ができるよう、ツールを提供するための承認と訓練を受けます。

家の所有権または居住権を確認する

FEMAは、ほとんどの種類の援助を提供する前に、お客様が申請書に記載された住所に主たる住居として住んでいたことを確認する必要があります。また、FEMAは、住宅修理や住宅交換の援助を提供する前に、お客様が家を所有していることを確認する必要があります。このプロセスについて詳しくはこちらをご覧ください

災害援助手続きの迅速化と申請者の負担軽減の一環として、自動公文書検索を利用して居住者と所有者の確認を試みています。

申請書に記載された住宅に住んでいる、または所有していることが確認できない場合は、入居および/または所有権を証明する書類の提出をお願いし、支援が承認されるかどうかの判断材料とします。

審査に不服がある場合、どうすればよいですか。

援助が承認されなかった、または申請書に不備があったという手紙を受け取った場合でも、決定通知書を受け取ってから60日以内であれば、申請を完了したり、決定に異議を申し立てることができます。手紙は郵送されるか、または災害援助センターのアカウントを設定されている場合は、そのアカウントに入れられます。

アピールの詳細はこちらをご覧ください

よくある質問とその噂

災害時によくある風評被害詐欺の通報方法について詳細はこちらをご覧ください。また、緊急シェルター、災害援助、洪水保険などに関するよくある質問にもお答えしています。

多言語リソース

英語、中国語、スペイン語、ベトナム語など、さまざまな言語で、安全に関する重要なメッセージの入ったソーシャルメディアグラフィックスを見つけることができます。

また、アメリカ手話(ASL でも、以下のようなテーマのビデオを用意しています:

支援の方法

ボランティア・寄付

災害からの復旧には何年もかかることがあります。現金、必要な品物、時間の提供など、さまざまな方法で支援することができます。困っている人を助ける方法について詳細こちらをご覧ください

被災地に自己流で行かないでください。被災地の信頼できる組織 は、ボランティアが必要な場所を知っています。確立された組織と協力し、対応に必要な適切な安全、トレーニング、スキルを確認する。

FEMAボランタリー・エージェンシー・リエゾン(VAL) は、災害時に活動するボランティア団体、信仰に基づく団体、地域葬式と関係を築き、取り組みを調整します。

FEMAとビジネスをする

災害救援のための有償サービスや物品の提供にご興味のある方は、「FEMAとビジネスをする(Doing Business with FEMA)」のページでご確認ください。

瓦礫撤去に関わる事業を経営されている方で、被災地での清掃活動に取り組みたい方は、被災地の自治体にご連絡いただき、サービスの提供をお願いします。

 

地域リソース

Local Resources Custom Text

山火事への対応の実際

alert - info

重要な情報をさまざまな言語で共有するのに役立ちます。 英語、ハワイ語、イロカノ語、日本語、韓国語、スペイン語、タガログ語! 防災登録チラシ | ライブアナウンサーのスクリプト | 災害時マルチメディアツールキット

FEMA Disaster Survivor Assistance teams begin registering Hawaii Wildfire survivors for assistance.

最新の画像を見る FEMA と連邦政府の対応 ハワイ火災 2023 メディアコレクション。

安全を確保する

  • 住民と観光客は注意深く監視し、地方当局の指示に従ってください。
  • 山火事の前、最中、山火事後に取るべき行動の情報については、 Ready.govにアクセスしてください。
  • 州および地元の安全情報とその更新情報については、 hawaii.govにアクセスしてください。

避難所を見つけるための情報

避難所は開いており、食料、水、その他の支援を提供しています。近くにある避難所を探すには:

家族または大切な人を見つける

家族または大切な人を見つけようとしている場合は、1-844-782-9441の赤十字に電話するか、 redcross.org/safeandwellにアクセスしてください。Maui郡緊急管理局が、家族が行方不明の大切な人を見つけることを支援するKahului コミュニティセンターに家族支援センターを設置しています。

行方不明の大切な人を見つけることを支援する、Kahuluiコミュニティセンターの @Maui_EMA家族支援センターにアクセスしてください。

ハワイのボランティア組織

地元および全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(VOADs)は、協力して充足されていないニーズの供給源を明らかにして、生存者に緊急支援を提供します。復旧作業への寄付をしたい方は、 hawaiistatevoad.orgにアクセスして寄付を行ってください。

支援方法

ボランティア・寄付

災害からの復旧には何年もかかることがあります。現金、必要な品物、時間の提供など、さまざまな方法で支援することができます。困っている人を助ける方法について詳細こちらをご覧ください

被災地に自己流で行かないでください。被災地の信頼できる組織 は、ボランティアが必要な場所を知っています。確立された組織と協力し、対応に必要な適切な安全、トレーニング、スキルを確認する。

FEMAボランタリー・エージェンシー・リエゾン(VAL) は、災害時に活動するボランティア団体、信仰に基づく団体、地域葬式と関係を築き、取り組みを調整します。

FEMAとビジネスをする

災害救援のための有償サービスや物品の提供にご興味のある方は、「FEMAとビジネスをする(Doing Business with FEMA)」のページでご確認ください。

瓦礫撤去に関わる事業を経営されている方で、被災地での清掃活動に取り組みたい方は、被災地の自治体にご連絡いただき、サービスの提供をお願いします。

 

資金調達の義務

資金調達の義務 金額
トータルハウジングアシスタンス(HA)- 承認された金額 $31,271,799.49
その他のニーズの合計(ONA) - 承認された金額 $22,259,561.41
個人・家庭向けプログラムの承認額合計 $53,531,360.90
個人支援申請の承認数 7137
個人支援 金額
Emergency Work (Categories A-B) - Dollars Obligated $384,403,203.23
Permanent Work (Categories C-G) - Dollars Obligated $93,771,655.59
Total Public Assistance Grants Dollars Obligated $486,373,650.43
最終更新