Federal Emergency Management Agency

New York Hurricane Sandy (DR-4085)

Incident period: 10/27/2012 to 11/09/2012
Major Disaster Declaration declared on 10/30/2012

Updates and Articles, Blogs, and News Releases

February 6, 2013
News Release
ニューヨーク-連邦緊急管理局は、この先永住住居へ戻られるに当たり、一時的賃貸支援の追加サービスを必要とされる方が被害者の中にいらしゃると理解しています。 もし当人の家屋がまだ居住可能な状態に復旧していなければ、当初四ヶ月分の家賃の援助を受けられた方でも、ほとんどの方が追加援助の申請をすることができます。 著名入りの有効な賃貸合意書をお持ちの方で、一時的家賃補助の継続サービスをお申し込みになるには:
February 5, 2013
News Release
ニューヨーク – ビジネス、住宅所有者または民間非営利団体のより賢くより早い復旧に米中小企業局の災害支援が繋がる可能性があることを、被災者は認識していない場合があります。 ハリケーン「サンディ」によるビジネスの損失に対する融資が用意されています。 また、住宅所有者組合が共有エリアを修復するための融資もあります。災害融資の最初の支払い時期は、非常に寛大に設定されています。 経済的被害に対する災害融資SBCは、災害による経済的被害を軽減するための運営資本融資を提供しています。災害融資は、資産の損害がハリケーン「サンディ」によるものでない場合でも、資格のあるビジネスおよび民間非営利団体に対して提供されます。この融資は、災害に起因する未払請求書およびビジネスの損失に対処するために、中小企業、農業協同組合および特定の民間非営利団体に対して提供されます。 経済的被害融資は最高200万ドルまで行われますが、物的損害融資と被害融資の合計が200万ドルを超過することはできません。
February 1, 2013
News Release
ニューヨーク – 災害後、被害者が復旧を始めるに当たり受けることができるサポートには様々なものがあります。連邦緊急事態管理局は、連邦、州、部族、および地方自治体機関、任意団体、民間部門および宗教的奉仕活動団体を含むチームの一部でしかありません。FEMAは、他のどのような方法でもカバーできない重大費用を提供することで災害被害者を支援します。この助成金支援は、災害に起因する困難の防止または打開に必要なアイテムまたはサービスの支払いに使用することができます。このようなアイテムまたはサービスには、仮設住宅、不可欠な住宅修理、個人資産の損害、および保険で支払われない他の災害関連ニーズが含まれます。FEMAに登録を行った被害者は、最高$31,900までの助成金を受け取る資格があります。FEMAが提供する支援は、被害を受けた資産を災害前の状態に戻せない場合があり、また資産の被害に起因する損害のすべてをカバーできないことがあります。家屋の修理費用は、安全で、衛生的で、そして機能的なものとすることに限定されます。
February 1, 2013
News Release
ニューヨーク – 将来の深刻な天候災害からの保護対策は、有資格住宅所有者、事業、及び民間非営利団体のための低金利の米国中小企業国災害ローンで始めることが可能です。SBA災害ローンは、将来の洪水被害を軽減もしくは防止させるために、建築物を高い位置に建設するために利用することができます。 ほかのプロジェクトには擁壁、防波堤、排水ポンプまたは、公共施設を高い位置に建設することを含めることができます。再建が将来の災害被害を予防する目的であれば、災害ローンは認証損失額を更に最大で20%まで増加させることが可能です。SBA災害ローンの申請期日は2013年2月27日となっております。
February 1, 2013
News Release
ニューヨーク – 2013年2月3日以降、ニューヨークの全災害復旧センターでの日曜日のサービスが終了します。ニューヨーク在住のハリケーン「サンディ」被害者は、月曜から土曜まで全ての復旧センターにおいて引き続きサービスを受けることができます。ニューヨーク州および米連邦緊急事態管理局はニューヨーク災害復旧センターへの訪問者数を厳重にモニターし、その結果に基づいて営業時間を変更します。 日曜日の復旧センターへの訪問者数は減少しました。 現在までにニューヨークの復旧センターを訪れたハリケーン「サンディ」被害者の数は145,000名を上回っています。また、Sheepshead Bay Club, 3076 Emmons Ave., Brooklyn, NY, 11235所在の復旧センターは、2013年2月2日のサービスを午後1時で終了しますが、2月4日(月)午前10にサービスを再開します。American Legion, 209 Cross Bay Blvd., Broad Channel, NY 11693所在の復旧センターは、2013年2月4日午前10時にサービスを開始します。両センターの通常営業時間は、月曜から土曜の午前8時から午後6時までです。
February 1, 2013
News Release
ニューヨーク –将来の嵐による被害を避けるために住宅を修理しているハリケーン・サンディの被災者はより強度があり安全に再建するために、いくつかの手順を実行することができます。もし、高リスクの洪水地域で再建を行なっているなら、皆さんの地域の最低水位規制に合わせ住宅を高い位置に上げる工事しなくてはいけない場合があります。そうすることによって、将来の深刻な天候被害を抑えることができます。高い位置に上げるためのルールは何ですか?地域の建築基準法に従い、再建時に正式な許可を受ける必要があります。皆さんの住宅を更に安全にするだけでなく、連邦洪水保険の金額を節約することができます。                                            洪水地域での再建前に地域の建築当局へ確認する必要があります。なぜなら、洪水水位が定められていない地域も含め、高位条件を認識することは彼らの責任だからです。最低水位条件より高い位置に再建するのは常に賢明な判断です。建築費を補助するプログラムはありますか?

Pages

Main Content
State/Tribal Government: 
Back to Top