Federal Emergency Management Agency

賃借者はSBA申込書に記入して提出してください

Main Content
Release date: 
03/27/2013
Release Number: 
NR-190

ニューヨークニューヨークの賃借者は、連邦緊急事態管理局からの他の助成金を受け取る資格を有する場合があります。資格を確認するには、米国中小企業局からの災害融資申込書に記入して提出しなければなりません。

SBA災害融資を受諾する必要はありません。しかし、申込書に記載されている情報は、賃借者が生活を立て直すことに役立つ様々なFEMAプログラムを受けるための資格確認に使用することができます。

「賃借者はニューヨークの中に密に織り込まれており、彼らの生活を立て直すことは市を立て直すことにとって極めて重要です」と、ニューヨークにおけるFEMAの連邦調整担当者であるマイケルF.バーンは話しました。「多くの賃借者はFEMAへの登録を行っており、その多くは現在支援を受けています」。

住宅所有者同様、賃借者はFEMAの「Other Needs Assistance(他のニーズに対する支援)」を受ける資格がある場合があります。これは、災害に起因する保険未加入または一部しかし払われない必要経費および深刻なニーズがある被害者を支援するようデザインされています。被害者が他のニーズに対する支援助成金を受け取る資格を得るには、SBA融資申込書に記入して提出しなければならないことを理解することが重要です。

助成金は次に使用することができます:

  • 災害で失われたまたは被害を受けた個人資産、家具や電化製品等の家財道具、および自営業者が仕事に必要なツールや機器の置換または修理
  • 災害で被害を受けた第1の車両および承認された第2の車両
  • 災害に関連する医療費用および歯科費用
  • 災害に関連する葬儀費用および埋葬費用

SBA融資を受けたくない賃借者は、個人資産の損失に対して最高4万ドルの融資を受ける資格があります。

FEMA支援またはSBA災害融資の申込期限は、2013年3月29日です。

SBAの電子融資登録を使用してオンラインで簡単に申し込みを行うことができます。https://DisasterLoan.SBA.gov/ELAにアクセスします。詳しくは、SBA災害顧客サービスセンターのフリーダイヤル(800-659-2955TTY800-877-8339)までお電話でお問い合わせください。また、Eメール(DisasterCustomerService@sba.govまたはウェブサイト(sba.gov)で支援を受けることもできます。

FEMAへの登録は、オンライン(DisasterAssistance.gov)、またはスマートフォンまたはタブレット(m.fema.gov)で行うことができます。またお電話(800-621-3362 音声、7-1-1/リレー、またはTTY 800-462-7585をご利用いただくことも可能です。毎日、東部時間午前7時から毎日、東部時間午前7時から午後10時までご利用いただけます。までご利用いただけます。

Last Updated: 
03/27/2013 - 15:43
State/Tribal Government or Region: 
Related Disaster: 
Back to Top