Federal Emergency Management Agency

FEMAヘルプラインはニューヨークのハリケーン「サンディ」被害者に対する様々なサービスを提供します

Main Content
Release date: 
03/14/2013
Release Number: 
NR-186

ニューヨーク – 連邦緊急事態管理局に災害支援の登録を行っているハリケーン「サンディ」被害者は、FEMAヘルプラインを通して利用できる様々なサービスを利用できます。電話番号:800-621-3362(音声、7-1-1/リレー) または (TTY) 800-462-7585

被害者は、登録状況の確認、連絡先情報のアップデート、およびFEMAによる支援が保険に対してどのように影響するかを学ぶことができます。

また、ヘルプラインに電話で連絡することもできます:

  • 保険情報のアップデート
  • 自宅検査手順に関する情報の入手
  • 申請者を代弁する人物の追加または削除
  • 保険金請求に対してFEMAが詳細を必要としているかどうかの確認
  • 申請者の住宅状況をFEMAに連絡
  • FEMAによる申請判断に対する不服申立て方法を学ぶ
  • 申請に関する他の質問がある場合の回答を得る

ヘルプラインは、今後通知があるまで毎日東部夏時間午前7時から午後10時まで(無休)ご利用いただけます。英語またはスペイン語以外の言語は、FEMAの無料言語支援ライン866-333-1796)までご連絡ください。また、DisasterAssistance.govまたはm.fema.govにアクセスすることもできます。

災害支援申請の締め切りは2013年3月29日です。FEMAは、連邦政府が宣言した災害の有資格被害者に対し、無保険の損失および他で支払われない重要経費に対処するための経済的支援を提供します。

ニューヨークの災害復旧に関する詳細は、www.fema.gov/sandy-japaneseTwitter.com/FEMASandyFacebook.com/FEMASandyおよびFEMA.gov/blogをご覧ください。

Last Updated: 
03/19/2013 - 13:45
State/Tribal Government or Region: 
Related Disaster: 
Back to Top