Federal Emergency Management Agency

住宅アクセス援助が必要なサンディ被災者はFEMAに連絡を取ってください。

Main Content
Release date: 
02/15/2013
Release Number: 
NR-170

ニューヨークハリケーン・サンディによって 住宅へのアクセス援助が必要な被災者、特に年配の方や障害のお持ちの方は、米連邦緊急事態管理局と密に連絡を取るようお勧めします。FEMAは建築物が被害被らなかった場合でもエレベーターや電気が適切に作動していない場合などに対し援助できる可能性があります。

エレベーターが故障中の住居もしくは、アクセスできない共用エリアがある建物に居住する方はFEMAから一時的な賃貸援助もしくは、他の災害関連援助を受けられる可能性があります。保険金支払いを待つ間に住宅アクセスの問題を抱えている人々も援助の対象になる可能性があります。

共用エリアに電気的な問題がある、エレベーターが故障中、出入り困難な出入り口など、危険な状況にある建物は、居住者、特に障害をお持ちの方や健康に不安のある方で階段を使うのが困難な方に障害を生じさせる場合があります。

FEMA専門員はハリケーン・サンディで被害を受けた居住区を訪問し身体的もしくは、移動の為のニーズを必要とする被災者が平等にFEMAプログラム受けることができるよう徹底しています。彼らは、アクセス、もしくは実用的なニーズのある被災者に、対象となる援助が受けられるよう臨機応変に対処しています。

FEMAはこれからも支援活動の努力を続けますが、被災者の皆さんもFEMAヘルプライン800-621-3362(音声、 7-1-1/リレー)もしくはTTY 800-462-7585へ連絡することを強くお勧めします。FEMAは援助の要求に対応するために多くの言語でサービスを提供しています。これらのサービスへアクセスするには、FEMAのヘルプライン800-621-3362もしくは866-333-1796へ連絡をして下さい。コールセンターは毎日、東部標準時間(EST)午前7時から午前1時までご利用することが可能です。

Last Updated: 
02/25/2013 - 10:22
State/Tribal Government or Region: 
Related Disaster: 
Back to Top