Federal Emergency Management Agency

FEMA コールセンター、通常業務時間体制に戻る

Main Content
Release date: 
01/18/2013
Release Number: 
NR-142

ニューヨーク – 米連邦緊急事態管理局(FEMA)コールセンターは、 通常業務時間である午前7時から午前1ESTに戻り、週7日受け付けます。 2013120日(日)から戻ります。

ヘルプラインは、800-621-FEMA (3362)またはTTY 800-462-7585にお掛けください。
7-1-1 リレーまたはビデオ・リレー・サービス (VRS)の場合は、800-621-3362にお掛けください。

FEMAオペレーターは、ハリケーン「サンディー」被災者の方々の質問にお答えし、
必要な支援情報を提供します。

FEMAの言語支援ライン(フリーダイヤル)866-333-1796にお掛けいただきますと、 英語およびスペイン語以外の言語サービスをご利用になれます。

被災者の方々は、登録状況を確認したり、www.DisasterAssistance.govからいつでもオンライン登録、またはスマートフォンやタブレットを利用してm.fema.govから登録できます。更に、
800-621-FEMA (3362)にお掛けになると、音声自動応答システム(IVRS) で申請書の状況を確認できます。

ニューヨーク州のハリケーン「サンディー」情報については、次のサイトをご覧ください。 日本語www.fema.gov/ja/news-releases , www.twitter.com/FEMASandy, www.facebook.com/FEMASandy およびwww.fema.gov/blog

Last Updated: 
01/20/2013 - 09:37
State/Tribal Government or Region: 
Related Disaster: 
Back to Top