Federal Emergency Management Agency

New York Hurricane Sandy (DR-4085)

Incident period: 10/27/2012 to 11/09/2012
Major Disaster Declaration declared on 10/30/2012

Updates and Articles, Blogs, and News Releases

February 25, 2013
News Release
ニューヨーク – ニューヨーク州および連邦緊急事態管理局は、ハリケーン「サンディ」後の後片付けおよび復旧を支援するための8,000万ドル以上の公的支援融資を承認したと発表しました。 ニューヨーク市への融資には、人員超過時間、機器の使用および緊急保護手段に関連する器具に対してニューヨーク市警に払い戻す3,000万ドルが含まれます。 700万ドルの融資は、2,741の地下室からの水のくみ出しや緊急車両の通行を可能にするための道路の整理等の緊急保護手段に対してニューヨーク消防局に払い戻されます。 ニューヨーク市環境保護局は、被害を受けたエリアの保護および一時的修理、およびポンプや緊急発電装置の使用等の緊急保護手段に対して1,0000万ドルの融資が払い戻されました。
February 25, 2013
News Release
ニューヨーク - 瓦礫の撤去はほぼ完了しました。各コミュニティは今後に向けての計画に着手し、 ハリケーン・サンディの被災者には嵐が原因となった損害に対する助成金が供給されています。 ニューヨークにおける復興作業は、2012年10月29日に発生した嵐から100日を経て現在も進行中 です。連邦、州、部族、地域組織、民間部門、ボランティアおよび宗教団体を含むコミュニティが 一丸となって復興に取り組んでいます。 米連邦緊急事態管理局はニューヨークの個人および一般家庭を対象に、条件を満たす被災者が ハリケーン被害の結果生じたレンタル費用やその他の保険適用外の損失について一時的援助を 受けられるよう、8億8,850万ドルの予算を承認しました。 多くの市民は米国中小企業局(SAB)による低金利の災害ローンを利用しています。SBAはこれ まで、自宅所有者、賃借人、事業主の計1万2,991件に合わせて8億9,220万ドルの災害ローンを承認 しました。 全米洪水保険制度からは、5万6,000人の加入者に対し、計19億ドルの補償金が支払われています。
February 22, 2013
News Release
{뉴욕 – 재난으로부터의 도움은 연방긴급재난관리청(FEMA)에 등록하는 것으로 시작됩니다. 등록 마감일인 2월 27일이 곧 다가옵니다. 허리케인 샌디 피해자들이 도움을 요청하기 위해 FEMA에 등록할 마감일이 2주도 남지 않았습니다 이 등록마감일은 중소기업청(SBA)에 재난복구 융자신청서를 제출할 마감일과 동일합니다. 샌디가 지난 10월 말에 땅을 휩쓸어 버린 후 FEMA와 SBA는 뉴욕의 피해자들에게 18억 불이 넘는 자금 지원을 승인했습니다. FEMA는 개인과 가족(가구)을 위해 거의 9억 불을 승인했습니다(2월 13일 현재).
February 21, 2013
News Release
災害復旧援助の登録期限まであと2週間足らず ニューヨーク – 災害復旧援助は米連邦緊急事態管理局(FEMA)に登録することで始まり、2月27日の登録期限はもう間もなくです。 ハリケーンサンディの被災者が、FEMAから援助を受けるための登録期間は、あと2週間足らずです。 米国中小企業庁(SBA)への災害復旧融資の申請書を提出する期限も同じ日です。 10月のサンディ上陸以来、FEMAとSBAではニューヨーク州の被災者に対して、$18億以上の援助を承認しています。 FEMAでは個人とそして世帯におよそ$9億近くの援助を承認しています(2月13日の業務終了時点で)。
February 21, 2013
News Release
ニューヨーク – 災害復旧援助は米連邦緊急事態管理局(FEMA)に登録することで始まり、2月27日の登録期限はもう間もなくです。 ハリケーンサンディの被災者が、FEMAから援助を受けるための登録期間は、あと2週間足らずです。 米国中小企業庁(SBA)への災害復旧融資の申請書を提出する期限も同じ日です。 10月のサンディ上陸以来、FEMAとSBAではニューヨーク州の被災者に対して、$18億以上の援助を承認しています。 FEMAでは個人とそして世帯におよそ$9億近くの援助を承認しています(2月13日の業務終了時点で)。 援助の登録は、FEMAヘルプラインに電話を掛けるだけでとても簡単です。ヘルプラインの営業時間は、追って通知をするまで、東部標準時の午前7時から 翌日の午前1時まで(月~日)です。 ハリケーンサンディの被災者は電話800-621-3362 (7-1-1 RelayもしくはVideo Relay Serviceもご利用になれます)または
February 21, 2013
News Release
ニューヨーク – ビジネス、住宅所有者または民間非営利団体のより賢くより早い復旧に米中小企業局の災害支援が繋がる可能性があることを、被災者は認識していない場合があります。 ハリケーン「サンディ」によるビジネスの損失に対する融資が用意されています。 また、住宅所有者組合が共有エリアを修復するための融資もあります。災害融資の最初の支払い時期は、非常に寛大に設定されています。 経済的被害に対する災害融資 SBAは、災害による経済的被害を軽減するための運営資本融資を提供しています。 災害融資は、資産の損害がハリケーン「サンディ」によるものでない場合でも、資格のあるビジネスおよび民間非営利団体に対して提供されます。 この融資は、災害に起因する未払請求書およびビジネスの損失に対処するために、中小企業、農業協同組合および特定の民間非営利団体に対して提供されます。 経済的被害融資は最高200万ドルまで行われますが、物的損害融資と被害融資の合計が200万ドルを超過することはできません。

Pages

Main Content
State/Tribal Government: 
Back to Top