Hurricane Sandy - Japanese

Main Content

 ハリケーン・サンディは2012年10月30日付けで大災害に指定されました。復 興作業の参考に、以下の各言語によるニュースリリース、チラシ、概要情報、その他の 通信をご覧ください。災害支援の申請や詳細情報については、FEMA 多言語ライン 866- 333-1796 まで電話にてお問い合わせください。

FEMA、連邦提携組織およびボランティア機関は今もニューヨークで活動を続けています

FEMA、連邦提携組織およびボランティア機関は今もニューヨークで活動を続けています

4月13日の登録期限後も、FEMA ならびにその提携組織である米中小企業局(SBA) およびボランティア機関は、仕事が完了するまでニューヨークに留まって被災者援助を続けています。

FEMA との連絡を保ちましょう

ニューヨーク市およびニューヨーク州では、サンディ、アイリーン、リーの3ハリケーンによって影響を被った、自宅所有者、中小企業、地域社会を援助するため、連邦政府補助金を利用する計画 を立てました。 これらの計画は、HUDが検討中です。 FEMAへの登録は、ニューヨーク市またはニューヨーク州のどちらに管理されている補助金かに関わらず、将来の助成金または援助を受ける資格に繋がるかもしれません。

日本人ボランティアの素晴らしい奉仕の心(フォグリノ)

 

ハリケーンの被害者たちに災害援助登録情報を伝えるFEMAコミュニティー・リレーションズ部の職員 

 

TSAプログラムにより、自宅が深刻な被害を受けたまたは破壊された有資格ハリケーン「サンディ」被害者は一定期間ホテルに滞在することができます。

ニューヨークのハリケーン「サンディ」からの復旧

 
ニュースリリース

2013年7月

2013年4月1日

     2013年3月1日

     2013年2月1日

2013年 1月 1日

 2012年12月1日

その他の災害情報

Public Service Announcement:  http://www.fema.gov/medialibrary/media_records/11037

個人及び世帯プラグラム申込者のための手続き

 

災害後の援助 (PDF 563KB)	災害後の援助

Last Updated: 
07/24/2014 - 16:00
Back to Top